鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
『鉄道ファン』2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
特集 JR車両ファイル2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

JR東海,3月16日にダイヤ改正を実施

JR東海 N700S量産車

写真:JR東海N700S量産車  目黒義浩撮影  小田原—熱海間にて  2020-10-25

JR東海は,2024(令和6)年3月16日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.

 東海道新幹線では,早朝・夜間時間帯に,東京—新大阪間の臨時“のぞみ”を計3本増設する.上りでは,現行の東京行き最終“のぞみ”の6分後に運転し,利用が多い日に座席を確保しやすくする.早朝時間帯に,新横浜始発博多行の臨時“のぞみ”を新設し,首都圏から山陽エリアの主要駅へ,より早い時間に到着できるようにする.

JR東海 N700系1000番代「N700A」

写真:JR東海N700系1000番代「N700A」 編集部撮影 JR東海・浜松工場にて 2012-8-21 (取材協力:JR東海)

 東京発岡山行き最終“のぞみ”と博多発東京行き最終“のぞみ”の発車時刻を繰り下げる.夜間時間帯に,静岡・浜松・豊橋に停車する下り“ひかり”の列車間隔を改善するとともに,停車回数を増やす.“こだま”を三島—静岡間で増発し,三島・新富士の下り始発“こだま”の時刻を繰り上げる.また,静岡始発下り“こだま”の時刻を繰り上げる.これらの“こだま”から“のぞみ・”“ひかり”への乗換えにより,関西・山陽方面へより早く到着できるようにする.朝通勤時間帯の上り“こだま”を浜松—静岡間で増発し,浜松・掛川から静岡県内や首都圏への新幹線通勤・通学などで利用しやすくする.
 ビジネスブースを設置したN700Sを追加投入し,山陽新幹線直通“のぞみ”を中心に,定期列車28本で運転する.

JR東海 315系

写真:JR東海315系  編集部撮影  神領車両区にて  2021-12-3(取材協力:JR東海)

 在来線では,中央線 名古屋—中津川間の快速・普通列車を315系に統一したことにより,最高速度を130㎞/hに引き上げ,所要時間を短縮する.また,昼間時間帯の快速列車をすべて新守山と神領に停車させ,「区間快速」として運転する.なお,「区間快速」が運転する時間帯は,名古屋—高蔵寺間の普通列車を1時間あたり最大2本削減する.
 身延線では,平日の朝通勤時間帯に西富士宮—富士間で普通列車を1本増発する.飯田線と身延線では,利用の少ない昼間時間帯の普通列車を削減する.
 詳しくは,JR東海ニュースリリースに掲載されている.

※写真はイメージです.

このページを
シェアする