鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

新京成電鉄,2024年も新年ヘッドマーク電車を運転

新京成電鉄,2024年も新年ヘッドマーク電車を運転

▲本間さんの作品(松戸方先頭車両に掲出されるヘッドマーク)

新京成電鉄は,2024(令和6)年1月1日(月祝)から15日(月)までの間,新年ヘッドマーク電車を運転すると発表した.

 同社では毎年,干支をデザインしたヘッドマークを1編成に取り付けて運転しており,2019(平成31)年のものからは沿線の学校にデザインを依頼している.今回は,千葉県立鎌ケ谷高等学校普通科1学年の本間 伶さんと加藤大輝さんが「明るい新年の幕開け」をコンセプトにそれぞれ制作した.

新京成電鉄,2024年も新年ヘッドマーク電車を運転

▲加藤さんの作品(津田沼方先頭車両に掲出されるヘッドマーク)

 2枚のヘッドマークはどちらも縦55cm×横75cmの角形で,2作品とも2024(令和6)年の干支である「辰」が大きく描かれている.松戸方先頭車に掲出される本間さんの作品は,背景を新年らしい明るいカラーで仕上げ,迫力のある辰を画用紙いっぱいに描き,新年の「希望」を表現した作品となっている.
 津田沼方先頭車に掲出される加藤さんの作品は,背景に新年を象徴した3色のカラーを使用し,左から右へ背景の色を徐々に濃くすることで,日が差し込むようすを表現している.イラストの一部にはピンクを使用し,辰の迫力の中にも愛らしさを感じられる作品となっている.
 ヘッドマークは期間中,8800形1編成に掲出され,松戸—京成津田沼間で運転される予定.

画像はいずれも新京成電鉄提供

このページを
シェアする