鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

JR北海道,2024年春に一部特急列車を全車指定席化 〜「おトクなきっぷ」のリニューアルなども実施〜

JR北海道 キハ261系

写真:JR北海道キハ261系 加藤 勝撮影

JR北海道では,2024(令和6)年春から,特急“北斗”(札幌—函館間),“すずらん”(札幌—東室蘭・室蘭間),“おおぞら”(札幌—釧路間),“とかち”(札幌—帯広間)を全車指定席化すると発表した.

JR北海道,2024年春に一部特急列車を全車指定席化

 指定席数が増えることで着席機会が増えることや,乗車前に早くからホームで並ぶ必要がなくなること,また始発駅に近い方が座れるという不公平感が解消される.また,指定席は車内改札が省略となるため,車内でゆっくり過ごすことができるとしている.
 なお,繁忙期などに車両を増結する場合,全車指定席化する特急列車は,増結となる車両も含めて全車指定席とする.特急“宗谷”(札幌—稚内間),“サロベツ”(旭川—稚内間),“オホーツク”(札幌—網走間),“大雪”(旭川—網走間)の座席区分については変更しない.

789系

写真:JR北海道789系0番代  目黒義浩撮影  厚別—森林公園にて  2017-5-18

 特急“カムイ”・“ライラック”(札幌—旭川)については,指定席を拡大し(“カムイ”:3両,“ライラック”:4両),それぞれ自由席を2両とする.
 東室蘭—室蘭間を普通列車として直通運転している特急“すずらん”については,2024(令和6)年春から,札幌—室蘭間の全区間を特急列車として運転する.なお,東室蘭—室蘭間内の相互間を乗車する場合に限り,乗車券のみで普通車指定席の空席を利用できる(空席がない場合はデッキなどでの立席利用).
 普通列車が運行されていない石勝線の新夕張—新得間では,特例としてこの区間内で乗降する場合に限り乗車券のみで特急列車の普通車自由席に乗車できるが,全車指定席化以降乗車分からは,普通車指定席の空席を利用できるよう見直しを行なう(空席がない場合はデッキなどでの立席利用).

JR北海道,2024年春に一部特急列車を全車指定席化

 これらの変更にあわせて,対象の特急列車(区間)に設定する「おトクなきっぷ」の商品体系を「えきねっと」限定の割引きっぷ「えきねっとトクだ値」(乗車券つき)・「お先にトクだ値」(乗車券つき)に統一し,わかりやすい商品体系にリニューアルする.あわせて予測乗車率や利用客の申込みのタイミングに応じて,列車ごとに発売価格や提供席数を変動させる「イールドマネジメントシステム」を導入する.
 全車指定席化する特急列車区間の特急定期券「かよエール」については,全車指定席化以降乗車分から,普通車指定席の空席利用が可能となるほか,乗車日の3日前から,話せる券売機やみどりの窓口で追加料金なく座席指定を受けられるよう利用条件を見直し,商品名を特急定期券「かよエール+(プラス)」とする.
 全車指定席化する特急列車区間では,全車指定席化以降の乗車分に対する自由席タイプのおトクなきっぷに追加できるグリーン料金券,指定料金券の発売を終了する.あわせて乗車列車が未定の場合など,希望により座席の指定を受けずに普通車指定席の空席を利用できる「座席未指定券」(指定席特急券と同額)を導入する.
 トマム駅で行なっている「QRコード乗車駅証明書」による自動精算サービスについては,全車指定席化以降乗車分から,普通車指定席の空席を利用できるサービスとして継続する.

一部画像はJR北海道ニュースリリースから

このページを
シェアする