鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

JR北海道,2024年春に快速“エアポート”を増発 〜すべての快速列車が桑園駅に停車へ〜

JR北海道733系3000番代

写真:JR北海道733系3000番代  編集部撮影  札幌運転所にて  2014-6-16(取材協力:JR北海道)

JR北海道では,2024(令和6)年春に快速“エアポート”を増発すると発表した.

 これは,インバウンドの回復などにより,今後も新千歳空港の利用増加が見込まれることから,空港アクセス輸送の強化を図るために実施するもので,日中時間帯の「エアポート」を,現行の毎時5本から6本に変更する.
 このうち毎時1本は「特別快速」として,空港アクセスの速達化を図る.また毎時2本は北広島—新千歳空港間の各駅に停車する「区間快速」とし,現行で快速通過駅となっている島松・恵み野・サッポロビール庭園・長都と新千歳空港間を乗換えなしで利用できるものとする.なお,北広島—千歳間の普通列車は「区間快速」に置き換える.

JR北海道,2024年春に快速“エアポート”を増発

▲日中時間帯(9~16時)の千歳線停車パターン

 日中時間帯(9~16時)の普通列車については,札幌—北広島間で北広島始終着の普通列車を毎時2本運転する.千歳—苫小牧間では,苫小牧方面からの普通列車を毎時1本程度,千歳まで運転する.

JR北海道,2024年春に快速“エアポート”を増発

写真:JR北海道キハ201系  編集部撮影  札幌運転所にて  1997-3-3(取材協力:JR北海道)

 このほか,快速“エアポート”および“ニセコライナー”は,終日すべて桑園に停車し,利便性を向上を図る.具体的なダイヤなどについては,決まり次第発表される.

一部画像はJR北海道ニュースリリースから

このページを
シェアする