鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

西武,3月18日ダイヤ改正を実施

西武“拝島ライナー”,2023年春から平日朝に上り列車を設定

▲“拝島ライナー”に使用されている40000系(西武鉄道提供)

西武鉄道は,2023(令和5)年3月18日(土)に多摩川線を除く各線でダイヤ改正を実施すると発表した.

 新宿線系統では,平日朝に拝島線から西武新宿へ直通する上り“拝島ライナー”が2本新設される.平日の上り特急“小江戸”が混雑時間帯の運転に移行する.平日朝の時間帯は,玉川上水発5時台と6時台の玉川上水始発拝島行きを2本新設する.田無始発の準急西武新宿行き2本は,新所沢始発として運転区間を延長する(新所沢7時台).
 このほか,玉川上水発8時台の玉川上水始発各停西武新宿行きを1本新設する.夕夜間は,西武新宿駅発の急行または準急新所沢行きの一部を本川越行きに,玉川上水行きをすべて拝島行きに変更する.各駅停車の一部は運転区間を縮小する.土休日は,玉川上水発5時台の玉川上水始発拝島行きを1本新設するほか,8両編成で運転する急行・準急列車の一部が10両編成に変更される.

西武鉄道001系

写真:西武鉄道001系「Laview」  編集部撮影  小手指車両基地にて  2019-2-14(取材協力:西武鉄道)

 池袋線系統では,平日朝の特急列車を利用の多い時刻に変更し,1本を増発することで,10時までに池袋に到着する特急列車を10本とする.飯能駅に15時から23時10分頃までに到着する下り特急列車は,すべてが各駅停車西武秩父行きに接続し,飯能から先への所要時間が短縮される.
 夜間の特急列車の一部は飯能で4番ホーム発着に変更され,一般列車と同一ホームで乗換えができるようになる.池袋では,18時以降の急行列車の発車ホームをすべて5番ホームに変更する.なお,清瀬始発新木場行き2本は運転を取りやめる.土休日は,池袋8時発の“むさし”を新設し,9時発の列車は西武秩父まで運転区間を延長して“ちちぶ”に変更する.
 “S-TRAIN”1号は運転時刻を繰り下げ,観光に適した到着時間とする.飯能発の秩父鉄道直通長瀞・三峰口行きは2本から1本に変更するとともに,横瀬発の秩父鉄道直通長瀞行きを1本運転する.夕方に運転されている秩父鉄道長瀞・三峰口発飯能行きは運転を取りやめる.狭山線では休日日中の運転本数を平日と同じく毎時3本に変更する.

 なお,ダイヤ改正と同じ3月18日(土)から,鉄道駅バリアフリー料金の収受が開始され,1乗車あたり10円を基本に旅客運賃への加算が行なわれる.

このページを
シェアする