鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

JR九州,3月18日にダイヤ改正を実施

800系+N700系8000番台

写真:JR九州800系・N700系8000番台  熊本総合車両所にて  2011-3-11  編集部撮影(取材協力:JR九州)

JR九州は,2023(令和5)年3月18日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.
 九州新幹線では,博多を中心に一部時間帯の運転時刻をパターン化する.“つばめ”の時刻を見直し,日中時間帯を中心に,博多での“のぞみ”との接続時間をおおむね6分とする.あわせて“つばめ”の運転間隔を見直し,おおむね1時間間隔で運転する.
 “みずほ”600号の時刻を現行時刻から繰上げ,鹿児島中央から新大阪への到着時刻が約30分早くなる.あわせて,鹿児島中央発の朝の通勤・通学時間帯における各列車の時刻や運転区間,停車駅を見直す.
 深夜帯の時刻見直しにともない,博多発の最終“つばめ”343号の運転を取りやめる.これにより,博多から熊本方面の最終列車の時刻が9分繰り上がる(“さくら”573号は各駅に停車).

JR九州883系

写真:JR九州883系  松本洋一撮影  大分車両センターにて  2008-7-11(取材協力:JR九州)

 在来線では,各停タイプのすべての特急“ソニック”が鹿児島本線の赤間に停車する.これにより,日中時間帯は,毎時1本停車するほか,夕方の通勤・通学時間帯にも新たに停車することで,利便性を向上する.
 福岡都市圏の鹿児島本線では,朝・夕通勤通学時間帯で一部列車の運転時刻や運転区間を利用状況にあわせて見直しを行なう.熊本地区では,九州新幹線の時刻見直しにともない,最終列車の時刻を繰り上げる.これにより,鹿児島本線の熊本発八代行きが約10分,豊肥本線の熊本発肥後大津行きが約15分繰り上がる.
 詳しくは,JR九州ニュースリリースに掲載されている.

写真はイメージです.

このページを
シェアする