芝浦工業大学附属中学高等学校で「403号蒸気機関車」の一般公開を開始

芝浦工業大学附属中学高等学校で「403号蒸気機関車」の一般公開を開始

▲芝浦工業大学附属中学高等学校・新豊洲校地で一般公開を開始した403号機関車

学校法人芝浦工業大学は,芝浦工業大学附属中学高等学校の創立100周年記念事業の一環として,西武鉄道から,もと鉄道院403号蒸気機関車の寄贈を受け,2022(令和4)年11月12日から同校の新豊洲校地で一般公開を開始したと発表した.

芝浦工業大学附属中学高等学校で「403号蒸気機関車」の一般公開を開始

▲製造当時の403号蒸気機関車

芝浦工業大学附属中学高等学校で「403号蒸気機関車」の一般公開を開始

▲修復前の403号蒸気機関車(2022年4月撮影)

 403号蒸気機関車は,1886(明治19)年にイギリスのナスミス・ウィルソン社で製造された400形の1両で,同一設計車として500形・600形・700形(鉄道作業局A8形)など存在している.いずれもイギリスから輸入され,のちに国産の860形(A9形),230形(A10形)などの礎となった.
 特徴として,機構が簡便なジョイ式弁装置の採用が挙げられ,また先輪と従輪はウェッブ式ラジアル軸箱となっており,円弧上に移動することで,動揺が抑制される機構となっている.保存展示にあたっては,徹底した補修整備が実施され,失われていた製造銘板とナンバープレートを復元して取り付けた.

芝浦工業大学附属中学高等学校で「403号蒸気機関車」の一般公開を開始

▲塗装中の403号蒸気機関車(2022年8月撮影)

芝浦工業大学附属中学高等学校で「403号蒸気機関車」の一般公開を開始

▲復元されたナンバープレート(2022年9月撮影)

 また,港区教育委員会とJR東日本からは「高輪築堤」の築石の寄贈を受け,オブジェとして機関車土台に設置した.403号蒸気機関車は,年代的にも高輪築堤と同じ時代に国内で走行していることから,明治期の姿に修復された403号蒸気機関車と高輪築堤の海側築石を使用した土台は親和性も高く,当時の姿に想いを馳せることができる.汽笛と走行音は,博物館明治村の協力のもと,動態保存されている蒸気機関車9号の汽笛と走行音を加工し,使用している.
 403号蒸気機関車は,芝浦工業大学附属中学高等学校の公開空地内にて24時間見学可能で,学休日を除く月曜から土曜の9時から17時までは運転台も公開される.汽笛については,毎日12時と17時に吹鳴する.

写真はいずれも西武鉄道提供