北総,11月26日にダイヤ改正を実施

access_time
2022年10月25日掲載
北総鉄道7500形

写真:北総鉄道7500形  編集部撮影   印旛車両基地にて  2006-2-9(取材協力:北総鉄道)

北総鉄道では,2022(令和4)年11月26日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.
 今回の改正では,土曜・休日ダイヤにおいて,新鎌ヶ谷—印西牧の原間(一部,新鎌ヶ谷—印旛日本医大間)の普通列車を,上下あわせて20本増発する.これにより,朝7時台後半~9時台では,印西牧の原—新鎌ヶ谷間の上り普通列車がおおむね10分間隔での運転となる.また,15時台~19時台では,新鎌ヶ谷—印西牧の原間の下り普通列車が,おおむね15分間隔での運転となる.
 平日ダイヤでは,京成高砂発19時台の下り普通列車を2本増やし,同時間帯の普通列車をおおむね10分間隔とする.なお,同時間帯の急行列車2本の運転は取りやめる.
 このほか京成電鉄が運行する“スカイライナー”の一部列車(おおむね1時間に1本)が新鎌ヶ谷に停車する.これにより,新鎌ヶ谷をはじめ,北総線各駅から新鎌ヶ谷での乗換えにより“スカイライナー”が利用可能となり,北総線と成田空港方面や京成上野方面の利便性が向上する.