近鉄,12月17日にダイヤ変更を実施

近畿日本鉄道19200系「あをによし」

写真:近畿日本鉄道19200系「あをによし」  編集部撮影  東花園車庫にて  2022-4-23(取材協力:近畿日本鉄道)

近畿日本鉄道は,2022(令和4)年12月17日(土)にダイヤ変更を実施すると発表した.

近畿日本鉄道80000系「ひのとり」

写真:近畿日本鉄道80000系「ひのとり」  編集部撮影  高安検車区青山町車庫にて  2020-2-3(取材協力:近畿日本鉄道)

 今回の変更は,現在の利用状況に応じたもので,難波線・大阪線・奈良線・京都線・橿原線・天理線・生駒線・田原本線・信貴線・名古屋線・山田線・鳥羽線・志摩線・湯の山線・鈴鹿線で実施する.
 特急列車は,奈良線において,平日に大和西大寺7:17発大阪難波行きの特急「ひのとり」1本を増発する.京都線では,高の原に停車する京都行き特急を9時台から12時台にかけて平日,土・休日とも各6本追加する.観光特急「あをによし」は出発時刻を変更し,京都—奈良間の運転分を1往復増発する.名古屋線では,久居に停車する特急を平日,土・休日とも各2本追加する.また,大阪難波および近鉄名古屋発宇治山田行きの一部特急については行先を五十鈴川に変更する.

近畿日本鉄道 9820系

写真:近畿日本鉄道9820系  百々貴俊撮影  石切にて  2016-5-20

 一般列車では,奈良線の平日の夕方以降,神戸三宮—奈良間の快速急行を8両編成で運転する.これにより尼崎での連結・解放作業がなくなるため,所要時間が現行から5分程度短縮する.また,平日,土・休日とも,東花園発大阪難波行き最終列車の発車時刻を現行から8分繰り上げる.
 京都線では,京都を発着する6時33分から9時21分までの普通列車について,京都—新田辺間をすべて6両編成で運転し,混雑緩和を図る.平日では,京都市交通局 烏丸線と相互直通運転する急行列車(国際会館—奈良間)の運転時間帯を,昼間時間帯から朝夕時間帯に変更する.
 名古屋線では,平日に白子5:58発鳥羽行きの急行列車1本を増発する.
 このほか,利用状況などに応じて列車の運転本数,運転区間,種別,時刻などの見直しを行なう.詳しくは,近畿日本鉄道ニュースリリース(PDFファイル)に掲載されている.

写真はすべてイメージです.