JR東日本,通勤定期運賃の変更認可を申請
~2023年3月の「オフピーク定期券」導入に向け,手続きを開始〜

JR東日本E235系

写真:JR東日本E235系  編集部撮影  東京総合車両センターにて  2015-3-28(取材協力:JR東日本)

JR東日本では,2023(令和5)年3月の「オフピーク定期券」導入に向け,国土交通大臣に通勤定期運賃の変更認可を申請したと発表した.

 「オフピーク定期券」は,首都圏の平日朝のピーク時間帯以外の時間帯にのみ利用できる,通常の通勤定期券より割安なSuica通勤定期券で,現行より約10%値下げした額とする.ピーク時間帯に利用する場合はIC普通運賃が必要となる.
 設定区間は,東京の電車特定区間(下図のエリア)内完結となる区間で,JR東日本線と私鉄・地下鉄線にまたがるSuica通勤定期券においても,JR東日本線が設定区間内であれば,「オフピーク定期券」を選択できる予定.また各駅のピーク時間帯は,現在実施中の「オフピークポイントサービス」のピーク時間帯を基本として設定する予定.

JR東日本,通勤定期運賃の変更認可を申請

▲「オフピーク定期券」の設定区間

 通常の通勤定期券は,現行の定期券と同じく終日利用ができるが,「オフピーク定期券」導入にあわせて,若干の値上げを行なうことで,全体として増収とならないという想定のもと定期運賃に価格差を設ける.これにより「オフピーク通勤」を促進することで,利用の平準化と混雑緩和に取り組む.なお,東京の電車特定区間内完結となる通常の通勤定期運賃については,現行より約1.4%値上げした額を認可申請している.
 通学定期券には「オフピーク定期券」の設定はなく,現行の運賃からは変更しない.グリーン定期券・FREX(東京—大宮・東京—新横浜間など)についても,「オフピーク定期券」を設定しないが,その価格は通勤定期運賃と料金相当額の合算額であることから,通常の通勤定期運賃の値上げにともない価格を値上げする.
 2023(令和5)年3月からの通常の通勤定期券・オフピーク定期券の発売額は,同時期に導入される「鉄道駅バリアフリー料金」(1ヵ月280円,3ヵ月790円,6ヵ月1420円)も加算した額となる(鉄道駅バリアフリー料金については,鉄道ニュース4月8日掲載記事参照).

一部画像はJR東日本ニュースリリースから