鉄道ファン2024年8月号(通巻760号)
『鉄道ファン』2024年8月号
2024年6月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年8月号
2024年6月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年8月号(通巻760号)
特集 地下鉄最新事情2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

西鉄天神大牟田線 春日原駅に「モビリティサイネージクラウド」を導入

西鉄天神大牟田線 春日原駅に「モビリティサイネージクラウド」を導入

西日本鉄道は,西鉄天神大牟田線連続立体交差事業の一環として整備された春日原駅の新ホームに,株式会社YE DIGITALが提供するモビリティサイネージクラウド「MMvision」を導入し,2022(令和4)年8月28日(日)から運用を開始すると発表した.
 西鉄電車での「MMvision」導入は今回が初めてとなり,春日原駅の上下線各ホームに2基(計4基)を設置する.モニタには,当該曜日の時刻表を大きく表示するとともに,高齢者などに向け,現在の時刻帯を拡大表示する.また,共同通信社のニュース・天気予報などの最新情報の発信や,広告を一体運用することで,広告収入による維持管理費も軽減する.遠隔配信の機能を生かし,年末年始などの変則的なダイヤの対応や緊急時の運行情報の配信も可能となる.
 モビリティサイネージクラウド「MMvision」は,広告などを配信する従来のデジタルサイネージ配信システムの機能に加え,交通情報(時刻表や運行情報)の配信が可能な,デジタルサイネージ配信プラットフォームとなっている.
 西鉄グループのバス事業でも導入が進められているスマートバス停のノウハウを活用し,商業施設・オフィスビルなどのバス停以外の場所でも交通情報の発信・共有をすることで,公共交通全体の利便性向上や利用促進を目指して開発された.IoT技術により情報配信先であるデジタルサイネージの稼働状況監視や,システム更新などは遠隔操作でできることから,サイネージのメンテナンスにかかる負担の軽減も可能となる.

画像:YE DIGITAL提供

このページを
シェアする