鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
『鉄道ファン』2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
特集 JR車両ファイル2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

JR九州,「日田彦山線BRT」(BRTひこぼしライン)の駅設置計画を発表

JR九州,「日田彦山線BRT」(BRTひこぼしライン)の駅設置計画を発表

JR九州は,2023(令和5)年夏開業予定の「日田彦山線BRT」(BRTひこぼしライン)の駅設置計画について発表した.
 「日田彦山線BRT」は,「平成29年7月九州北部豪雨」により被災した日田彦山線 添田—夜明間を,BRT(バス高速輸送システム)での復旧に向けて準備を進めている.BRT化後の運行区間は,添田—夜明・日田間の約40kmで,このうち彦山—宝珠山間の約14kmを専用道区間とし,そのほかの区間は一般道を走行する(鉄道ニュース5月28日掲載記事参照).
 駅については,これまでの添田—夜明・日田駅間の鉄道駅(12駅)に加え,新たに25駅を増設し,合計37駅とする.専用道を経由することで定時性を確保するとともに,学校や病院など生活に密着したエリアに駅を設置し,利便性を向上させる.
 今後も開業に向け,地元自治体や関係機関と連携しながら準備を進め,ダイヤ,所要時間,運賃,車両などについては,決まり次第発表される.

画像:設置計画中のBRT駅(JR九州ニュースリリースから)

※駅名を□枠で囲んだ駅は,「平成29年7月九州北部豪雨」被災前の鉄道駅(添田駅,夜明駅,光岡駅,日田駅を除く)
※点線「ーー★ーー」記載のBRT駅(経路)は,朝・夕の一部便運行
※現在計画中の内容のため,記載の各内容は変更となる場合があります.

このページを
シェアする