JR九州「日田彦山線BRT」,2023年夏に開業へ
〜愛称名は「BRTひこぼしライン」に〜

JR九州「日田彦山線BRT」,2023年夏に開業へ

JR九州は,「日田彦山線BRT」の開業予定時期を2023(令和5)年夏とすると発表した.

JR九州「日田彦山線BRT」,2023年夏に開業へ

 「日田彦山線BRT」は,「平成29年7月九州北部豪雨」により被災した日田彦山線 添田—夜明間を,BRT(バス高速輸送システム)での復旧に向けて準備を進めている.BRT化後の運行区間は,添田—夜明・日田間の約40kmで,このうち彦山—宝珠山間の約14kmを専用道区間とし,そのほかの区間は一般道を走行する.
 コンセプトは「ひと,地域,みらいにやさしい」で,利用者や地域在住者,さらに環境にも「やさしい」交通機関であるとともに,緑豊かな沿線のみらいを「やさしく」つなげるBRTを目指す.また愛称は,日田彦山線沿線の地域の想いを乗せ,未来に向け駆け抜けていく「日田“彦”山線の“星”」となるよう「BRTひこぼしライン」と命名した.

JR九州「日田彦山線BRT」,2023年夏に開業へ

 基本デザインは,JR九州社内で建築業務を行なっている若手社員を中心に構成したチームにより,地域とコミュニケーションを図りながら考案した.沿線地域の緑豊かなカラーを表す「フォレストグリーン」を基調に,各種デザインを施している.
 ロゴは「ともに輝く」という想いが込められており,「ひこぼし」が添田町・東峰村・日田市を駆け抜け,照らした道が「ひと・モノ・コト」をつなぐ線・ラインとなり,地域に新たな魅力・輝きを創り出すことをイメージしている.ロゴに描かれたやまなみは「ひこぼし」の「ひ」の字を模した優しくも力強いラインで沿線の山なみを表現し,地域の星となるよう未来に願いを込めて「ひこぼし」をアクセントに配置している.「めがね橋」は,日田彦山線の「めがね橋」をモチーフに「HIKOBOSHI LINE」の文字が模様として浮き出るように描かれている.

JR九州「日田彦山線BRT」,2023年夏に開業へ

 BRT駅のデザインは,一部のBRT駅に設置する待合ブースに,駅ごとに木材を活用することで地域の特色を表現し,独自性に溢れた温かみのある空間を創り出す.そのほかのBRT駅には,添田町,東峰村,日田市をイメージした,BRTひこぼしラインオリジナルの駅サインを設置し,沿線の一体感を創出する.
 このほか,導入車両のデザインや,運転時刻,BRT駅の設置場所などについては,改めて発表される.

画像はすべてJR九州提供(デザインはすべてイメージ)