JR九州,西九州エリアで運転するキハ47形リニューアル車両のデザインを発表

JR九州,西九州エリアで運転するキハ47形リニューアル車両のデザインを発表

JR九州は,西九州エリアで運転するキハ47形リニューアル車両のデザインを決定したと発表した.

 車体色は青く美しい有明海をイメージした青色とし,側面には朝日を浴びて光輝く黄色の波と,夕日が波間に沈むイメージでオレンジ色の波をモチーフとした帯を入れる.また側面上部には,運転エリアの地名をローマ字※で表記する.

※NAGASAKI ISAHAYA TARA KASHIMA SHIROISHI KOUHOKU OMACHI TAKEO ARITA SASEBO

JR九州,西九州エリアで運転するキハ47形リニューアル車両のデザインを発表

 リニューアル車両は,西九州新幹線(武雄温泉—長崎間)の開業日である2022(令和4)年9月23日(金)から運転を開始し,おもに長崎本線の江北(肥前山口)—長崎間,佐世保線の江北(肥前山口)—早岐間で運用される.

画像はいずれもJR九州提供