東急2020系2150編成が甲種輸送される

東急2020系2150編成が甲種輸送される

総合車両製作所新津事業所で製造された東急田園都市線用の2020系2150編成が,2022(令和4)年5月23日(月)から25日(水)にかけて新津→新潟(タ)→大宮→西浦和→立川→八王子→長津田の経路で甲種輸送されました.八王子までは10両まとめて輸送し,横浜線内は24日(火)に6両,25日に4両にそれぞれ分割して輸送されました.
 新津→新潟(タ)間は愛知機関区所属のDD200-19,新潟(タ)→高崎(操)間は高崎機関区所属のEH200-7,高崎(操)→八王子間は新鶴見機関区所属のEF65 2139,横浜線内は両日とも愛知機関区所属のDD200-6が,それぞれけん引しました.
 東急2020系は今回輸送された2150編成ですべての編成が揃う予定となっています.

写真:立川—日野間にて 2022-5-24
投稿:鎌田 彬宏