キハ85系3両による団臨運転

access_time
2022年5月16日掲載
キハ85系3両による団臨運転

JR東海では,2022(令和4)年5月15日(日),高山→岐阜→名古屋→新宮→名古屋の行程で,名古屋車両区所属のキハ85系3両(キロ85-5+キロハ84-6+キハ85-3)を使用した団体臨時列車が運転されました.写真は,キロ85-5を先頭に紀勢本線を走行し,新宮に向かう途中,宮川を渡るシーンです.
 キロ85形は,特急“南紀”用のグリーン車として1992(平成4)年1月から2月にかけて日本車両で製造され,同年3月ダイヤ改正から,営業運転に投入されていました.その後,特急“ひだ”用に転用され,現在は高山本線系統で活躍していますが,今回,久々の関西本線,伊勢鉄道線,紀勢本線入線となり,また,キロハ84形も連結される豪華編成となったため,沿線各地では多くのファンがカメラを向ける光景が見られました.

写真:三瀬谷—滝原間にて 2022-5-15
投稿:志摩 敬