キハ47形による団臨運転

キハ47形による団臨運転

JR四国では,2022(令和4)年5月14日(土)・15日(日),徳島運転所所属のキハ47 114+キハ47 1018(国鉄色)を使用した団体臨時列車が運転されました.
 これは「アフターデスティネーションキャンペーン」の記念企画として行なわれた「キハ47気動車でゆく 復刻いよ・うわじまの旅」にともなうもので,14日(土)は「いよ号」として高松から松山まで,15日(日)は「うわじま号」として松山から高松まで運転されました.
 「いよ」と「うわじま」のヘッドマークは,2021(令和3)年に開催された「四国デスティネーションキャンペーン」の一環で,いすみ鉄道に貸し出されており,14日(土)には高松駅でヘッドマークの返還式が開催されました.

写真: 詫間—みの間にて 2022-5-14
投稿:松崎 大輔