JR東日本,GV-E197系・E493系の量産車を新造へ
〜老朽化した機関車・貨車を置換えへ〜

access_time
2022年5月14日掲載
JR東日本,GV-E197系・E493系の量産車を新造へ

▲GV-E197系電気式気動車

JR東日本は,砕石輸送気動車のGV-E197系と事業用電車のE493系について,量産車を新造すると発表した.

 GV-E197系とE493系は,安全性やメンテナンス性の向上に向け,2021(令和3)年から量産先行車による性能試験や技術的検証を実施してきた.
 GV-E197系は,ホッパ車を含む6両編成6本と,けん引用車両2両新造する.砕石輸送や砕石散布作業用に加え,非電化区間の車両の入換作業や回送車両などのけん引に使用する.E493系は,2両編成1本を新造し,車両の入換作業や回送車両などのけん引に使用する.

JR東日本,GV-E197系・E493系の量産車を新造へ

▲E493系交直流電車

 各車両については,量産先行車の仕様を踏襲しつつ,コストダウンを図る.駆動システムや操縦方法については,電車または気動車方式に統一することで,機関車固有の操縦方法を不要とする.機関車固有の多くのメンテナンスを要する複雑な構造から,最新の電車・気動車と同様の構造にすることで,省メンテナンス化を図る.腐食に強いステンレス製の車体や,VVVFインバータ,誘導電動機,ボルスタレス台車(GV-E196形を除く)を採用する.
 運用エリアは,JR東日本全エリアとし,2023(令和5)年度以降,順次運用を開始する.

写真はいずれもJR東日本ニュースリリースから