DE10形の重連が南栗橋へ

access_time
2022年5月14日掲載
DE10形の重連が南栗橋へ

東武鉄道では,2022(令和4)年5月13日(金),下今市機関区所属のDE10 1109とヨ8709が,下今市から南栗橋まで回送されました.けん引は全区間で下今市機関区所属のDE10 1099が担当し,新栃木からはオハフ15 1,オハテ12 2,スハフ14 1の客車3両も連結されました.
 なお,DE10 1109はしばらく運用入りしておらず,車両状態も含めて今後の動向が注目されます.また,日中にディーゼル機関車が重連で回送されるのは初めてのことと思われます.

写真:板倉東洋大前にて 2022-5-13
投稿:坂本 新太