三岐鉄道北勢線で「VEERTIEN TRAIN」の運転開始

access_time
2022年4月5日掲載
三岐鉄道北勢線で「VEERTIEN TRAIN」の運転開始

三岐鉄道北勢線では,2022(令和4)年4月1日(金)から,270系K74編成(4両)を使用した「VEERTIEN TRAIN(ヴィアティントレイン)」が運転されています.
 これは,公共交通機関利用促進事業の一環として,三岐鉄道,ヴィアティン三重(日本フットボールリーグ(JFL)所属),沿線自治体(桑名市・東員町・いなべ市)の協同企画により,実施しているものです.車体は,精悍な黒色を基調に,オフィシャルマスコット「ヴィアくん」が描かれ,ヴィアティン三重のチームカラーであるオレンジ色で,チームロゴなどがデザインされています.また,車内床面はサッカーコートを模したデザインとなり,座席も暖色系のモケットに交換されています.
 この「VEERTIEN TRAIN」は今後,2025(令和7)年3月まで運転される予定となっています.

写真:麻生田—楚原間にて 2022-4-4
投稿:志摩 敬