東急8500系,定期運行を2023年1月に終了

東急8500系,定期運行を2023年1月に終了

東急電鉄は,田園都市線の8500系について,定期運行を2023年1月に終了すると発表した.

 8500系は,新玉川線(渋谷—二子玉川園間/現在の田園都市線渋谷—二子玉川間)と営団地下鉄(現:東京メトロ)半蔵門線の相互直通運転開始にともなう乗入れ車両として,当時すでに使用されていた8000系をベースに1975(昭和50)年に開発された.

東急8500系,定期運行を2023年1月に終了

 当初は4両編成であったが,輸送力増強のため増備が続き,東急最多となる400両が製造され,田園都市線だけでなく,東横線や大井町線でも使用された.現在は8631編成と8637編成の2本が営業運転を行なっているが,2020系の導入が進んだことから,2023(令和5)年1月で定期運行を終了する運びとなった.

「ありがとうハチゴー」

 これにともない,「ありがとうハチゴー」プロジェクトが4月6日(水) から開始される.これは,8500系の定期運行の終了に際して,日頃から8500系の運行に携わる運転士,車掌,駅係員,検車区員などの現業社員が「長くご愛顧いただいたお客さまへ感謝の気持ちを伝えるとともに, 長年にわたり当社の主力車両として活躍した8500系車両を労いたい」という思いから企画したもの.このプロジェクトでは,車両の先頭部へのヘッドマーク装着のほか,人数限定の有料撮影会や貸切イベント列車の運行,記念グッズや記念きっぷの発売,さらに特別サイトの開設などが順次実施される予定.

写真はいずれも東急電鉄提供