東武,夜間における前方障害物検知システムの検証試験を実施

access_time
2022年4月4日掲載
東武,夜間における前方障害物検知システムの検証試験を実施

▲前方障害物検知システムによる夜間検証試験のようす

東武鉄道は,2022(令和4)年2月1日(火)に,南栗橋車両管区訓練線において,夜間における前方障害物検知システムの検証試験を実施したと発表した.
 これは,東武大師線における鉄道の自動運転(GoA3)の実現に向けた検証の一環として実施されたもの.鉄道は一般の交通と隔てられた専用敷地内の運行が前提であるものの,安全運行を行なううえで総合的な安全性の確保が必要であり,東武では線路脇の防護柵の強化などのほか,車両に車上カメラ・検知センサ(LiDAR)を統合した前方障害物検知システムの搭載を検討している.
 「前方障害物検知システム」は,車両に搭載した車上カメラの画像データと検知センサによる3次元点群データの情報を統合し,前方の障害物を判定することができる.試験は三菱電機と共同で行ない,その結果,車両の前照灯の光源のみで,昼間とほぼ同等の検知性能が確認された.さらに,これまでの訓練線における検証(昼の検証試験・夜の検証試験・装置のユニット化)を踏まえ,2022(令和4)年度には本システムを仮設搭載した営業運転車両での検証試験を実施する.
 今後も,各種検証試験を進めるとともに,「鉄道における自動運転技術検討会(国土交通省鉄道局)」での議論を踏まえつつ,そのほかの課題解決に向けても検証を進める.

写真:東武鉄道ニュースリリースから