山陽電鉄,飾磨駅北口の供用を3月27日から開始

山陽電鉄,飾磨駅北口の供用を3月27日から開始

▲飾磨駅北側のイメージ

山陽電気鉄道は,本線・網干線 飾磨駅北口の供用を2022(令和4)年3月27日(日)の初発から開始すると発表した.

 飾磨駅北口については「飾磨駅周辺整備事業」として,姫路市と山陽電鉄が共同で北口新設工事を進めてきたが,本工事の完了により,飾磨駅の北側から踏切を渡ることなくアクセスが可能となる.また,エレベータの新設により,駅利用の利便性が向上するほか,駅の東西に隣接する2つの踏切を横断する歩行者の減少が見込まれるため,安全性も向上する.
 なお,既設の駅舎(南口)には,現状どおり係員が常駐する.

山陽電鉄,飾磨駅北口の供用を3月27日から開始

▲飾磨駅 平面図

画像はいずれも山陽電気鉄道ニュースリリースから