「とやまロケーションシステム」で,富山地鉄市内電車の運行情報の提供を開始

「とやまロケーションシステム」で,富山地鉄市内電車の運行情報の提供を開始

富山地方鉄道では,2022(令和4)年3月21日(月祝)から,富山県地域公共交通情報提供推進協議会(事務局:富山県)が運用する「とやまロケーションシステム」内において,市内電車の運行情報の提供を開始したと発表した.
 「とやまロケーションシステム」は,WEBサイト上で目的地までの経路検索とバスの現在位置や運行状況などのリアルタイム情報をワンストップで確認できるサービスで,2019(令和元)年11月からヴァル研究所の提供する「VTM(Val Transfort Manager)」とVISH株式会社が提供する「BUS CATCH(バスキャッチ)」にて運用を開始している.
 運行状況については,これまでに富山県内の路線バス・コミュニティバスに対応をしていたが,新たに富山地鉄の市内電車の情報についても提供を開始した.バスに加え市内電車も含めた対応することで,公共交通全体の利便性向上と利用促進に努めるとしている.

画像は富山地方鉄道ニュースリリースから