広島電鉄,3月28日にダイヤ改正を実施

access_time
2022年3月21日掲載
広島電鉄 5200形

写真:広島電鉄5200形  松本洋一撮影  荒手車庫にて  2019-3-14(取材協力:広島電鉄)

広島電鉄は,2022(令和4)年3月28日(月)にダイヤ改正を実施すると発表した.

 今回の改正では,新型コロナウイルス感染拡大後の利用状況を踏まえ,輸送力の適正化を図る.3号線(広電西広島—紙屋町西—広島港)では,平日朝のラッシュ時間帯において,運転間隔を現行の約8分間隔から約15分間隔に変更する.
 2号線(広電宮島口—広電西広島—広島駅)では,平日朝ラッシュ時間帯の上り列車の行先を一部変更し,広電本社前行きを4本増便するとともに,広島駅行きを4本減便する.また平日の夕方に,広電本社前17:28発広電宮島口行きを新設する.平日夜間では,下り列車の運転間隔を現行の11分間隔から9~10分間隔(広電西広島20時台の発車時刻)に見直す.21時台から23時台については,平日・土休日とも最終便を含む行先・時刻を変更する.

広島電鉄 5100形

写真:広島電鉄5100形  松本洋一撮影  千田車庫にて  2005-2-2(取材協力:広島電鉄)

 1号線(広島港—紙屋町東—広島駅)では,広島港発広島駅行き始発電車の発車時刻を,現行の5:59発から6:18発に変更する.
 9号線(江波—八丁堀—白島)では,平日2本の直行便(江波7:16発白島行き,白島7:54発江波行き)を廃止する.また9時から21時までの運転間隔を,現行の約8分間隔から約10分間隔に変更する.  このほかの路線についても,ダイヤ改正を実施する.詳しくは,広島電鉄のページに掲載されている.

写真はすべてイメージです.