井原鉄道に特別企画車両「スタートレイン」を導入

access_time
2022年2月1日掲載
井原鉄道に特別企画車両「スタートレイン」を導入

▲スタートレイン外装図

井原鉄道は,岡山県域の美しい星空の魅力を広く発信するため,観光庁補助事業を活用し,特別企画車両「スタートレイン」を運転すると発表した.

井原鉄道に特別企画車両「スタートレイン」を導入

▲スタートレイン内装図

 これは,車両(1両)の車内ロングシート化改造工事にあわせて,天文王国おかやまの魅力を内外へ発信する観光列車として運転するもの.車両外装へ天文王国おかやまを象徴する岡山県域の星空に12星座と地域の観光素材を溶け込ませたフルラッピングを施す.
 内装についても,12星座と観光素材を溶け込ませたラッピングを施し,車内で幻想的な雰囲気を感じられる空間とする.このほか,地域の星空の幻想的なひと時を過ごせるよう,小形プラネタリウムを整備する予定.

井原鉄道に特別企画車両「スタートレイン」を導入

▲スペースライナー外装図

 また,「スタートレイン」導入にあわせて地域の観光バス事業者である二葉観光運輸と連携し,観光バス車両「スペースライナー」を導入する.
 これは,ドイツの車体メーカーネオプラン製の「スペースライナー」1台を,天文王国おかやまを強力にアピールする観光バスとするもので,外装は天文王国おかやまを象徴する岡山県域の星空を大胆にあしらったデザインでフルラッピングを施す.このバスにより鉄道駅と美星天文台や国立天文台などの天文施設とのアクセスを確保することで,天文王国おかやまを一体的に満喫できるようにする.
 デザイン監修は現代美術家・太田三郎氏,アートディレクターには田代卓氏,イラストレーターにはYuzuko氏をそれぞれ起用する.今後,2022(令和4)年2月上旬ごろに鉄道車両・バス車両へのラッピング施工工事を行ない,2月22日(火)から運転を開始する予定.

画像はいずれも井原鉄道ニュースリリースから