都営三田線で6500形が5月14日から営業運転を開始

都営三田線で6500形が5月14日から営業運転を開始

▲5月14日から営業運転を開始する6500形

東京都交通局は,三田線用の新形車両6500形について,2022(令和4)年5月14日(土)から営業運転を開始すると発表した.

 6500形は,1編成あたり8両となることで,定員が既存車両(6両)の862名から1172名に増加する.乗客が利用しやすいように低いつり手と荷棚が採用されているほか,全車両に防犯カメラとフリースペースを設置し,抗ウイルスコーティングが施工される.また,車両のデータをリアルタイムに収集する「車両情報収集システム」を搭載し,蓄積したデータの有効活用を目指す(稼働予定は2022年度下期).
 2022(令和4)年度末までに13編成を順次導入し,運行ダイヤについては,決まり次第発表される.

都営三田線で6500形が5月14日から営業運転を開始

▲更新後のホームドア

 このほか,6500形の導入にあわせて,西高島平駅から三田駅までの全24駅を対象に,既設のホームドアを更新するとともに,増車となる2両分のホームドアが増設されている.新たなホームドアは,列車接近表示器や非常停止ボタンを戸袋上部に設置し,開閉部分の一部にガラスを用いて視認性を高めている.

写真はいずれも東京都交通局ニュースリリースから