新京成電鉄,新年ヘッドマーク電車を運転

access_time
2021年12月18日掲載
新京成電鉄,新年ヘッドマーク電車を運転

松戸方先頭車両に掲出するヘッドマーク

新京成電鉄,新年ヘッドマーク電車を運転

津田沼方先頭車両に掲出するヘッドマーク

新京成電鉄は,2022(令和4)年1月1日(土祝)から15日(土)までの間,新年ヘッドマーク電車を運転すると発表した.
 同社では毎年,干支をデザインしたヘッドマークを1編成に取り付けて運転しており,2018(平成30)年度からは沿線の学校にデザインを依頼している.今回は,千葉県立津田沼高等学校普通科2学年の安藤寧々さんと同科1学年の中山仁菜さんが「正月らしいめでたい色合いにしつつ,赤の彩度を少し落として深みのある色合いに」をコンセプトにそれぞれ制作した.
 2枚のヘッドマークはどちらも縦55cm×横75cmの角形.アクリル絵の具により制作された原画を複製したもので,2作品とも「謹賀新年」が大きく描かれている.松戸方先頭車に掲出される安藤さんの作品は,2022(令和4)年の干支である寅(とら)を鏡餅のお餅に見立てたかわいらしい作品となっている.津田沼方先頭車に掲出される中山さんの作品は,干支である寅を前面に出した迫力のある作品としている.

 ヘッドマークは期間中,8800形1編成に掲出され,掲出編成は,松戸—京成津田沼間のほか,日中時間帯は京成千葉線千葉中央までの直通運転にも使用される予定.

画像はいずれも新京成電鉄提供