JR東日本,3月12日にダイヤ改正を実施

JR東日本E7系

写真:JR東日本E7系  編集部撮影  新幹線総合車両センターにて  2013-11-28(取材協力:JR東日本)

JR東日本は,2022(令和4)年3月12日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.

 新幹線では上越新幹線にE7系を追加投入し,“とき”・“たにがわ”のうち,新たに12本の列車をE7系で運転する.山形新幹線は全車指定席とし,山形・秋田新幹線の特急料金を改定する.このほか,各新幹線において利用状況にあわせた輸送体系の見直しを実施する.

JR東日本651系1000番台

写真:JR東日本651系1000番台  編集部撮影  東大宮操車場にて  2014-7-23(取材協力:JR東日本)

 在来線では,首都圏の通勤時間帯の着席サービス向上を目的として,朝通勤時間帯に特急“スワローあかぎ”,特急“さざなみ”を運転する.これにともない,特急“スワローあかぎ”8号,特急“さざなみ”6号の運転を取りやめる.また,特急“かいじ”2号の運転時刻を変更し,特急“湘南”については停車駅に大崎を加える.

JR東日本E257系2500番台

写真:JR東日本E257系2500番台  目黒義浩撮影  藤沢—大船間にて 2021-3-22

 首都圏を発着する特急列車の利便性向上を目的として,品川行きの特急“湘南”と新宿発着の特急“あずさ”・“かいじ”の一部列車を東京まで,上野発着の特急“ひたち”・“ときわ”の一部列車を品川までそれぞれ延長する.これにともない,土休日の常磐線特急はすべて品川発着となる.特急“成田エクスプレス”は,新宿・渋谷方面や横浜方面と千葉エリアのアクセス向上を目的として,千葉に停車する列車を拡大する.

E531系上野東京ライン

写真:上野東京ラインを走行するE531系  御徒町にて  2015-6-14  撮影:百々貴俊  

 上野東京ラインでは,日中帯を中心に,常磐線と上野東京ラインを直通する列車を毎時2本から3本に増発する.常磐線の特別快速は上下各2本のみの運転となるほか,日中時間帯の上野・品川—土浦間では10両編成の列車の割合を増やし,土浦以北ではおもに5両編成での運転とし,土浦で乗換える運行形態に変更する.南武線では土休日において,快速列車の運転時間帯を,下り(立川方面)は9時〜16時台,上り(川崎方面)は9時〜15時台に拡大する.

JR東日本E721系 快速“あいづ”用指定席車両

写真:JR東日本E721系 快速“あいづ”用指定席車両  編集部撮影  会津若松にて  2020-2-17(取材協力:JR東日本)

 仙台支社では,福島駅の在来線(奥羽本線)と新幹線上りホームを結ぶアプローチ線の新設工事にともない,日中帯の福島—庭坂間で普通列車の運転を取りやめ,バス代行輸送を実施する.
 磐越西線(郡山—会津若松間)では,日中帯を中心に時刻をパターン化する.日中帯の郡山発時刻の統一にあわせて,郡山での東北新幹線東京方面からの乗換え時間を均等化し,平均では短縮することで,会津エリアへの利便性を向上する.快速“あいづ”の全列車を4両で運転する.
 拠点駅である会津若松で列車を区分し,輸送障害発生時の影響範囲を小さくする.現行3本設定されている会津若松の東西を直通する列車は,会津若松において同一ホームでの乗換えとなる.会津若松での乗換え時間を考慮し,会津若松発野沢行きの最終列車の時刻は30分程度繰り上げる.会津若松—新潟間の快速“あがの”を普通列車に変更し,運転区間などを見直す.
 新潟地区では,特急“いなほ”5号・10号の運転区間を見直すほか,同3号・10号の編成両数を7両から4両に変更する.また利用状況にあわせて,特急“しらゆき”8号・9号の運転を取りやめる.
 このほか,一部特急列車の臨時列車化や運転取りやめ,首都圏線区では朝通勤時間帯などで,利用状況にあわせた運転本数の見直しを実施する.
 詳しくは,JR東日本ニュースリリースに掲載されている.

写真はすべてイメージです.