JR西日本,3月12日にダイヤ改正を実施

JR西日本N700系4000番台「N700A」

写真:JR西日本N700系4000番台「N700A」  百々貴俊撮影

JR西日本は,2022(令和4)年3月12日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.

 山陽新幹線では,博多・小倉から東京に10時台に到着可能な“のぞみ”を初めて運転する.また,“こだま”・“ひかり”の一部について,運転区間・本数を見直す.九州新幹線に直通する“さくら”・“みずほ”については,一部列車を臨時列車とする.
 北陸新幹線では,“かがやき”の一部を臨時列車化するとともに,特急“サンダーバード”の運転計画見直しにともない,“つるぎ”の運転計画を変更する.
 北陸エリアでは,特急“サンダーバード”・“しらさぎ”について,需要が見込まれる週末は本数を増やすなど,曜日別に運転本数を変更するとともに,指定席を拡大する.また,特急“能登かがり火”9・10号の運転を取りやめる.七尾線では利用状況にあわせて,ダイヤを見直すほか,氷見線では全列車ワンマン運転とする.

JR西日本 221系リニューアル車

写真:JR西日本221系リニューアル車  編集部撮影  吹田総合車両所京都支所にて  2013-1-10(取材協力:JR西日本)

 近畿・京阪神エリアでは,各線で利用状況にあわせた列車の見直しを実施する.特急列車では,“はるか”7・10号の運転を再開し,新快速の「Aシート」については全席指定とする.おおさか東線では普通列車で使用している201系をすべて221系に変更する.これにともない,おおさか東線の時刻も変更する.
 和歌山エリアでは,特急“くろしお”を全車指定席に変更し,朝に運転している特急“くろしお”6号の時刻を見直す.昼間の紀州路快速の和歌山発車時刻を変更するほか,きのくに線・和歌山線・阪和線では利用状況にあわせたダイヤに変更する.

JR西日本287系

写真:JR西日本287系  編集部撮影  近畿車輛本社にて  2010-11-26(取材協力:JR西日本・近畿車輛)

 北近畿エリアでは,特急“きのさき”・“はしだて”・“こうのとり”について,金曜から日曜・祝日を中心に運転本数を増やす.あわせて,特急“きのさき”・“はしだて”・“まいづる”・“こうのとり”は全車指定席で運転する.「e5489チケットレスサービス」(在来線)の「J-WESTチケットレスエリア」を拡大し,期間限定で利用可能な「J-WESTチケットレス500」を発売する.普通列車では,JR宝塚線と山陰本線などの一部区間で列車ダイヤを見直す.
 岡山地区では,快速“マリンライナー”の上下最終列車,快速“サンライナー”のほか,一部列車の運転を見直す.津山線の快速“ことぶき”については,停車駅に牧山・玉柏・備前原の3駅を追加する.

JR西日本 227系

写真:JR西日本227系  編集部撮影  近畿車輛本社にて  2014-9-26(取材協力:JR西日本・近畿車輛)

 広島地区では,広島エリアにおいて,山陽新幹線“のぞみ”の到着時間にあわせた列車設定とする.山口エリアでは,227系の運転区間を拡大し,新たに徳山—新山口間でも運転する.可部線では,朝夕の通勤時間帯に4両編成で運転する列車を増やす.このほかエリア内の各線において,列車接続の改善や運転本数・区間,始発・最終列車の見直しを行なう.
 山陰地区では,特急“やくも”と“スーパーはくと”の一部列車を,観光に便利な週末中心の運転に変更する.“スーパーおき”1号は,浜田—益田・新山口間の所要時間を短縮する.普通列車では,山陰本線の浜坂—益田間と境線において列車ダイヤの見直しを実施する.
 詳しくは,JR西日本ニュースリリースに掲載されている.

※写真はすべてイメージです.