南海,大晦日の最終列車時刻延長などを実施

南海電気鉄道 8300系

写真:南海電気鉄道8300系  松本洋一撮影(取材協力:南海電気鉄道)

南海電気鉄道は,南海本線で大晦日の最終列車の時刻延長と2022(令和4)年元日から1月3日(月)までの住吉大社駅臨時停車を実施すると発表した.

 12月30日(木)から1月3日(月)の5日間は,全線「土休日ダイヤ」で運転する.大晦日の南海本線については,最終列車の発車時刻を通常から延長する.下りは難波2:20発の普通高石行きまで,上りは高石2:23発の普通難波行きまで,上下線とも難波—住ノ江間は約15分~20分間隔,住ノ江—高石間は約30分~40分間隔で運転する.
 最終列車の延長運転は南海本線のみで南海高野線・泉北高速鉄道線では実施しない.南海本線の延長運転についても,新型コロナウイルスの感染状況などにより,取りやめる場合があるとしている.
 元日から1月3日(日)までの住吉大社駅臨時停車については,同駅に10時から16時20分までに停車する空港急行・区間急行を対象に実施する.停車本数は,下り26本・上り25本の合計51本となる.

南海50000系「ラピート」

写真:南海50000系「ラピート」  松ノ浜にて  2016-5-22  撮影:百々貴俊

 なお,現在,平日ダイヤにおいて日中の上下各7本が運休となっている特急“ラピート”は,12月29日(水)のみ,すべての定期列車が運転される.

写真はいずれもイメージです.