「めでたいでんしゃ かしら」の撮影会開催

access_time
2021年11月26日掲載
「めでたいでんしゃ かしら」の撮影会開催

南海電気鉄道では,2021(令和3)年11月25日(木),「めでたいでんしゃ かしら」の撮影会が,和歌山市車庫で開催されました.
 9月18日(土)から,加太線で運転されている「めでたいでんしゃ かしら」は,これまでに運転されてきたピンク色の「めでたいでんしゃ さち」(母),水色の「めでたいでんしゃ かい」(父),赤色の「めでたいでんしゃ なな」(子ども)に続く4本目で,長い冒険から戻ってきた「さち」の兄にあたり,冒険船をイメージした「黒色」を基調とし,内装デザインは,「伝説・宝・冒険・音楽」がコンセプトとなっています.また,和歌山市出身のアーティスト・HYDE氏とのコラボレーション企画として,HYDE氏のシルエットやロゴマークが車内に描かれています.
 今回の撮影会は,事前申込制で「めでたいでんしゃ」の「なな」と「さち」も「かしら」の横に並べて展示されました.

写真:和歌山市車庫にて 2021-11-25
投稿:島田 直人