日南線,12月11日から全線での運転を再開へ

access_time
2021年11月27日掲載
キハ125形400番台「海幸山幸」

写真:JR九州キハ125形400番台  松本洋一撮影  JR九州小倉総合車両センター/小倉車両所にて  2009-9-29(取材協力:JR九州)

JR九州は,台風14号による大雨で被災し,2021(令和3)年9月から青島—志布志間で運転を見合わせている日南線について,12月11日(土)の始発列車から運転を再開し,あわせて全線での運転を再開すると発表した.

 再開当日に利用客が乗車できる最初の普通列車は,上りが南郷5:28発宮崎行き,志布志5:50発佐土原行き,下りが青島5:53発(宮崎5:24発)志布志行き,油津6:07発志布志行きとなる.また,特急“海幸山幸”は,青島10:36発(宮崎10:13発)南郷行きの特急“海幸山幸”1号と南郷15:30発宮崎行きの特急“海幸山幸”4号が運転される.

日南線,12月11日から全線での運転を再開へ

▲小内海駅構内の復旧工事進ちょく状況(11月20日撮影)

 運転再開にともない,現在宮崎—志布志間で運転している代行バスについては,12月10日(金)までの運転となる.
 あわせて,宮崎—南郷間の特急“海幸山幸”については,2021(令和3)年12月から2022(令和4)年2月までの運転計画も発表された.運転日は,12月11日(土)から2月27日(日)までは土日祝日を中心に計35日間とし,1日1往復(1号・4号)を基本とし,年末年始など一部の運転日については2往復とする.指定席については,12月2日(木)10時から発売する.

一部の写真はJR九州ニュースリリースから