小田急,子育て応援ポリシー「こどもの笑顔は未来を変える。Odakyuパートナー宣言」を策定 〜小児IC運賃の低廉化などを実施へ〜

小田急,子育て応援ポリシー「こどもの笑顔は未来を変える。Odakyuパートナー宣言」を策定

▲子育て応援ポリシーロゴ

小田急電鉄は,沿線における子育て応援ポリシー「こどもの笑顔は未来を変える。Odakyuパートナー宣言」を策定したと発表した.

 これは,子育てに想いを持つ社員を中心に取りまとめたもので,小田急線を中心に子育てしやすい沿線にしていく同社の想いを発信するもの.これまでも小田急グループでは,お子さまの楽しさや学びにつながるイベントを多数実施してきたが,こどもの笑顔をつくるパートナーとして「子育てしやすい沿線」を目指した取組をより一層進める.
 上記の抜本的施策として,2022(令和4)年春からIC利用時の小児運賃を小田急線内一律50円とする.これは,運賃体系をわかりやすく,利用しやすいものとすることで,将来を担う小学生の子どもたちのお出かけをより身近なものとする.なお,小児運賃(IC利用)を持続的に大人運賃の半額以下に一律低廉化するのは,全国の鉄道初めての取組となる.

小田急,子育て応援ポリシー「こどもの笑顔は未来を変える。Odakyuパートナー宣言」を策定

▲2021年5月に実施した「お子さまをお連れの方に安心してご利用いただける車両」

 また,2021(令和3)年5月に実施した「お子さまをお連れの方に安心してご利用いただける車両」の常設化を検討するほか,駅へのベビーカーシェアリングサービスの本格導入を予定している.さらに,ソフト面においても,社員が鉄道をテーマに,地域とも連携しながら行なうイベントを定期的に開催する.このうち,小学生のお子さまを1日100円で全線乗り放題とし,駅や駅に隣接するグループ商業施設などに会場を設け,電車での移動とともに1日を通じて楽しい時間を過ごすことができる「小田急 こども100円乗り放題デー」を開催する.
 なお,子育て応援ナビ「FunFanおだきゅう」では,小田急グループが主催するさまざまな親子向けコンテンツを一元化し,発信している.

画像・写真はいずれも小田急電鉄提供