JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」が「グッドデザイン賞・ベスト100」などを受賞

access_time
2021年10月20日掲載
JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」

写真:JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」  編集部撮影  吹田総合車両所にて  2020-1-25(取材協力:JR西日本)

JR西日本は,「WEST EXPRESS 銀河」が2021(令和3)年度「グッドデザイン賞・ベスト100」と特別賞である「グッドフォーカス賞〔地域社会デザイン〕」を受賞したと発表した.
 「WEST EXPRESS 銀河」は,乗客それぞれが自由に利用できる,ややノスタルジックな鉄道旅行の魅力も兼ね備えた列車として,「多様性」・「くつろぎ」・「カジュアル」をテーマにした長距離列車として開発・導入された.
 今回の受賞は,上記のテーマ設定と,長時間の旅行でも飽きさせない,回遊性を持った車両のデザインである点や,あえて停車時間を設け,地域との連携によるおもてなしを提供する点など,地域活性化の取組が高く評価され,受賞に至った.