鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
『鉄道ファン』2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
特集 JR車両ファイル2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

南海,9月18日から「めでたいでんしゃ かしら」の運転を開始

南海,9月18日から「めでたいでんしゃ かしら」の運転を開始

南海電気鉄道は,2021(令和3)年9月18日(土)から,加太線で「めでたいでんしゃ かしら」の運転を開始すると発表した.

南海,9月18日から「めでたいでんしゃ かしら」の運転を開始

 南海では,2014(平成26)年11月から,加太観光協会・磯の浦観光協会と共同で,加太線沿線の魅力を発信する「加太さかな線プロジェクト」を進めており,これまでにピンク色の「めでたいでんしゃ さち」(母),水色の「めでたいでんしゃ かい」(父),赤色の「めでたいでんしゃ なな」(子ども)を運転している.
 「めでたいでんしゃ かしら」は,長い冒険から戻ってきた「さち」の兄にあたり,これまでの「めでたいでんしゃ」と同じく加太線で使用される7100系(2両1編成)の内外装に装飾を施す.
 外装デザインは,冒険船をイメージした「黒色」を基調とし,加太の鯛を想起させる「うろこ柄」を採用.基本デザインはこれまでの「めでたいでんしゃ」と同じだが,窓の装飾などが異なる.

南海,9月18日から「めでたいでんしゃ かしら」の運転を開始

 内装デザインは,「伝説・宝・冒険・音楽」をコンセプトに,車内乗降扉や乗降扉横の広告枠,座席シート,ロールカーテン,つり革,中づりにお宝や音楽にまつわるアイテムを装飾し,まるでトレジャーハンターになって冒険船に乗り込んだような「わくわく感」を楽しめるデザインとなっている.車内には加太さかな線の7つのお宝(加太線7駅のご利益マーク)などが施されている.
 さらに和歌山市出身のアーティスト・HYDE氏とのコラボレーション企画として,HYDE氏のシルエットやロゴマークが車内に描かれる.
 なお,運転開始日の前日となる9月17日(金)には,事前応募・抽選制による「めでたいでんしゃ かしら」の試乗会も開催される.

画像はいずれも南海電気鉄道のニュースリリースから

このページを
シェアする