×

小田急,2021年度の設備投資計画を発表

小田急5000形

写真:小田急5000形  編集部撮影  唐木田車庫にて  2019-11-11(取材協力:小田急電鉄)

小田急電鉄は,2021(令和3)年度の設備投資計画を発表した.設備投資額は254億円となる.

 通勤車両では,5000形を10両4編成新製するほか,1000形2編成をリニューアルし,車いすスペース,車内LCD表示器,自動放送装置の設置に加え,制御装置の更新などによる省エネルギー化や床下機器の低騒音化を図る.

小田急,2021年度の設備投資計画を発表

 駅舎改良工事では,江ノ島線の中央林間駅に東口改札を新設する.これは,大和市が策定した「中央林間地区街づくりビジョン」にもとづくもので,市と協議を進め,北口と南口の2ヵ所に加え,東口新改札口を2021(令和3)年秋ごろに供用を開始する予定.また,駅改良工事にあわせてホームドアの設置も進める.

小田急,2021年度の設備投資計画を発表

 ホーム上における安全性向上のため,新宿駅(8・9番ホーム),登戸駅(3・4番ホーム)にホームドアを設置し,2021(令和3)年度中に使用を開始する.設置されるホームドアには,新形のQRコード「tQRR」による「ホームドア自動開閉制御システム」を採用する.システムは,列車の扉ガラス部分に「tQRR」を貼付し,ホーム上家に設置する専用固定カメラで読み取ることで,車掌の列車扉操作に連動してホームドアが開閉する.ホームドアは引き続き,1日の利用者数10万人以上の駅へ優先的に設置を予定している.
 このほか,安全対策の強化を目的とした法面改修工事や,町田—相模大野間と渋沢—新松田間にある橋りょうの耐震補強などを進める.

※新形QRコード(tQRR)は株式会社デンソーウェーブの登録商標です.
特記以外の画像は小田急電鉄提供