JR東日本,北陸新幹線の一部列車に車いす用フリースペースを設置へ

access_time
2021年3月11日掲載
JR東日本E7系

写真:JR東日本E7系  編集部撮影  新幹線総合車両センターにて  2013-11-28(取材協力:JR東日本)

JR東日本は,2021(令和3)年7月から,北陸新幹線一部列車に車いす用フリースペースを設置すると発表した.

 JR東日本では,これまでも,「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)」にもとづき,新幹線の車いすスペースを1列車1席以上整備するとともに,車いすの方も利用できる多目的室や,グリーン車の車いすスペースの整備を図ってきたが,「バリアフリー法に基づく公共交通移動等円滑化基準の改正」(2020年10月改正,2021年7月施行)を受け,新幹線での車いす用フリースペースの導入を検討してきた.
 対象車両・場所は,北陸新幹線E7系の7号車(金沢寄り)で,車いすスペースを4席へ増席するとともに,車いすのまま乗車可能なスペースを2席設置する.

JR東日本,北陸新幹線の一部列車に車いす用フリースペースを設置へ

 新たな車いす用フリースペースの予約については,これまでの車いす対応座席と同様に利用者の予定が決まり次第,みどりの窓口への直接申込のほか,電話やWEBサイトを通じて申し込む.申込は乗車の1ヵ月前の日の10時から可能だが,満席などの場合は,希望の列車に乗車できない場合があるとしている.
 なお,対象列車については確定次第,「JR時刻表」巻末の編成表や,JR東日本WEBサイトに掲載される.

特記以外の画像はJR東日本のニュースリリースから