横浜シーサイドライン,2月14日に金沢八景駅の延伸事業・複線化が完了へ

横浜シーサイドライン,2月14日に金沢八景駅の延伸事業・複線化が完了へ

横浜シーサイドラインは,横浜市とともに実施してきた金沢八景駅の延伸事業・複線化工事について,2021(令和3)年2月14日(日)に工事を完了すると発表した.

 これは,暫定運用していた金沢八景駅(旧駅)から150m延伸し,京急線の金沢八景駅と接続する「金沢シーサイドライン延伸事業」として工事が進められていたもので,2019(平成31)年3月に金沢八景駅(新駅)まで延伸開業した.金沢八景駅での接続が実現したことにより,乗換え時間が大幅に短縮された.また同時に実施された,金沢八景駅東口地区土地区画整理事業により,駅前広場の再整備も行なわれ,バスやタクシーとの乗換えの利便性も向上した.

横浜シーサイドライン,2月14日に金沢八景駅の延伸事業・複線化が完了へ

 延伸区間は現在,金沢八景駅の2番線のみを使用し,単線での運転としているが,1番線も使用可能とするための線路の切換工事(複線化工事)を実施する.
 線路の切換工事は,2月13日(土)営業運転終了後から14日(日)の午前10時ごろまで実施予定で,始発から午前10時ごろまではシーサイドラインを全線運休とし,バス代行輸送と沿線の鉄道・バス会社による振替輸送も実施する.
 この間シーサイドラインは,9時から10時にかけて新杉田駅から順次運転開始し,10時以降,全線での運転を開始する.なお,悪天候により工事が延期となった場合は,翌週2月20日(土)から21日(日)の同じ時間帯で,切替工事と振替輸送を実施する.

画像はいずれも横浜シーサイドラインのニュースリリースから