×

JR東日本,深夜の一部列車の運転を1月20日から取りやめへ

JR東日本E235系

写真:JR東日本E235系  編集部撮影  東京総合車両センターにて  2015-3-28(取材協力:JR東日本)

JR東日本では,新型コロナウイルス感染症の拡大にともなう緊急事態宣言の発出と国・関係自治体からの要請を踏まえ,2021(令和3)年1月20日(水)から当面の間,深夜に一部列車の運転を取りやめると発表した.
 対象路線は,山手線,京浜東北・根岸線,中央・総武線各駅停車,常磐線快速,埼京・川越線,東海道線,横須賀線,中央線快速,武蔵野線,京葉線の各線区計42本(土休日は計40本)で,おおむね10分〜30分程度の間で終電の繰り上げを実施する.線区・区間ごとに終電時刻が変更され,各駅での乗換えなども影響するため,利用する場合は事前の確認が必要となる.
 変更後のダイヤについては,JR東日本のニュースリリース(PDFファイル)に掲載されているほか,JR東日本WEBサイト内の「各駅の時刻表」ページで1月15日(金)ごろ,JR東日本アプリでは,1月17日(日)ごろに反映される予定.なお,運転取りやめにともなう代行輸送などは実施しない.

写真はイメージです.