×

叡電,1月30日にダイヤ変更を実施

access_time
2021年1月12日掲載
叡山電鉄 「ひえい」

写真:叡山電鉄「ひえい」  松本洋一撮影  修学院車庫にて  2018-3-7(取材協力:叡山電鉄)

叡山電鉄は,2021(令和3)年1月30日(土)にダイヤ変更を実施すると発表した.
 今回の変更では,平日の朝夜ラッシュ時間帯について,京阪電車との接続を考慮し,列車の発着時刻を調整する.また,平日の昼時間帯(11時台〜16時台)においては,現行でそれぞれ20分間隔で運転している出町柳—八瀬比叡山口間,出町柳—二軒茶屋間,出町柳—市原間の列車を,出町柳—八瀬比叡山口間, 出町柳—市原間でそれぞれ15分間隔で運転する形態に変更する(日中の出町柳—二軒茶屋間の列車は 運転取りやめ). これにより,昼時間帯は「平日ダイヤ」と「土曜・休日ダイヤ」の運転パターンが同一となる.上記以外の平日の時間帯および土曜・休日については,利用状況に応じて,運転内容の見直しを行なう.
 このほか,今回のダイヤ変更では最終列車の大幅な時刻変更は行なわない. ダイヤ変更後の時刻表は,2021(令和3)年1月中旬から叡山電鉄WEBサイトで発表する.また,鞍馬線市原—鞍馬間については,土砂災害の影響により運転を休止しており,再開後のダイヤは,改めて発表される.

写真はイメージです.