×

肥薩おれんじ鉄道,3月13日にダイヤ改正を実施

肥薩おれんじ鉄道 「おれんじ食堂」

写真:肥薩おれんじ鉄道 「おれんじ食堂」  黛 宏幸撮影  2013-4-17

肥薩おれんじ鉄道は,2021(令和3)年3月13日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.

 今回の改正では,下り列車の出水駅発着時刻の見直しを行なう.9時から14時台の出発時刻の均等化を図ることで,待ち時間を最大47分から13分に短縮する.また出水9:21発の下り列車1本を運転する.
 八代・川内におけるJR鹿児島本線との接続を改善する.八代では,これまで熊本行きのJR線の列車に接続していた,18:55着の上り列車の到着時間を繰上げ,18:54発銀水行きの列車に接続する.また川内では,下りの川内到着の全列車からJR線に接続する.
 現在,土休日に運転している快速“スーパーおれんじ”と“オーシャンライナーさつま”(いずれも上下各2本)については,利用が減少傾向にあることから,全列車の運転を取りやめる.ただし,快速列車運転のため土休日運休としていた普通列車のうち,3本を毎日運転する.また,上り列車のうち,川内17:38発→上川内 17:43着については,利用がほとんどないため,運転を取りやめる.下り列車のうち,水俣6:05発→隈之城7:41着については,利用状況から米ノ津6:19発に変更し,水俣—米ノ津間の運転を取り止る.
 2021(令和3)年度の「おれんじ食堂」については,2020(令和2)年度に準じた行程とする.ただし,2便の新八代での新幹線接続の改善を図るため,若干の時刻変更を行なう.運転日については,新型コロナウイルス感染拡大の影響による利用状況の変化にあわせて,通常運転日を現行の土曜・日曜から金曜・土曜・日曜・祝日に,貸切運転日を現行の金曜のみから火曜・水曜にそれぞれ変更する.

写真はイメージです.