×

南海,大晦日の最終列車時刻延長の中止を発表

南海電気鉄道1000系2次車

写真:南海電気鉄道1000系2次車  2016-5-22  撮影:百々貴俊

南海電気鉄道では,大晦日に予定していた最終列車の時刻延長を中止すると発表した.
 これは,大阪府下における新型コロナウイルス感染症拡大の状況から判断されたもの.なお南海本線・高野線,泉北高速鉄道線の大晦日の運転については,いずれも通常の土休日ダイヤで運転する.
 また,正月三が日の南海本線における住吉大社駅臨時停車については,同駅に10時から16時20分までに停車する空港急行・区間急行を対象に予定どおり実施する.停車本数は,下り26本・上り25本の合計51本となる.
 このほか,水間鉄道でも大晦日の終夜運転を予定していたが,中止が発表されている.

写真はイメージです.