JR貨物,3月13日にダイヤ改正を実施

access_time
2020年12月18日掲載
JR貨物 EF210形300番台

写真:EF210形300番台  松本洋一撮影  2020-2-20 (取材協力:JR貨物)

JR貨物では,2021(令和3)年3月13日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.

JR貨物 DD200形

写真:JR貨物DD200形  編集部撮影  新鶴見機関区にて  2017-7-5(取材協力:JR貨物)

JR貨物 HD300形

写真:JR貨物HD300形  編集部撮影  株式会社東芝府中事業所にて  2010-3-25(取材協力:JR貨物)

 今回の改正にあわせて,機関車18両(EF210形11両,HD300形1両,DD200形6両),フォークリフト99台を新製する.
 宅配便を中心とした積合せ貨物は,「eコマース」需要の高まりなどを受けて利用が増加しているとし,安治川口—盛岡貨物ターミナル間,名古屋貨物ターミナル—福岡貨物ターミナル間,東京貨物ターミナル—東福山間にコンテナ列車をそれぞれ新設する.また,要望の強い地域間においては,コンテナ輸送力を増強する.
 駅設備については,コンテナホームのリニューアルを進めることで,輸送品質の向上と利用しやすい駅を目指す.また,広島貨物ターミナル駅では,大形コンテナ(31ftコンテナ)の取扱い個数を拡大し,大形コンテナを使用した輸送の需要に対応する.

写真はいずれもイメージです.