×

JR東海,3月13日にダイヤ改正を実施

access_time
2020年12月18日掲載
JR東海 N700系1000番台「N700A」

写真:JR東海N700系1000番台「N700A」 編集部撮影 JR東海・浜松工場にて 2012-8-21 (取材協力:JR東海)

JR東海は,2021(令和3)年3月13日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.

 東海道新幹線では,2020(令和2)年3月に開始した「のぞみ12本ダイヤ」をベースとし,東京を20時台〜21時台に発着する下り3本・上り1本の定期“のぞみ”を速達化し, 東京—新大阪間の所要時間を3分短縮して2時間27分で運転する.また,“のぞみ”の定期列車・臨時列車の設定を変更し,東京—新大阪間を2時間27分で運転する定期“のぞみ”の割合を増やす.
 広島からの上り始発“のぞみ”の東京到着を6分繰り上げ,9時台に到着する列車を初めて設定する.また,岡山行きと姫路行きの下り最終“のぞみ”の東京発車を3分繰り下げる.また,山陽新幹線に直通する臨時“のぞみ”を増やし,1時間あたり最大6本運転可能な時間帯を拡大する.
 “こだま”については,東京を20時台〜21時台にかけて発車する下り“こだま”の運転間隔を改善し,利用客の利便性を向上する.
 在来線については,一部の線区で時刻の変更を行なう.なお,上記の内容は,2020(令和2)年12月18日(金)時点で計画中の主要な内容とし,新幹線・在来線各線ともに最終的な時刻は,「JR時刻表」3月号に掲載される(新幹線や在来線の特急列車など,一部の列車は2月号に掲載).

写真はイメージです.