×

JR東日本,3月13日にダイヤ改正を実施

JR東日本 E5系量産車

写真:JR東日本E5系量産車  編集部撮影  新幹線総合車両センターにて  2010-12-14 (取材協力:JR東日本)

JR東日本は,2021(令和3)年3月13日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.

 東北新幹線では,上野—大宮間(埼玉県内)において,最高速度130km/h運転を実施し,東京から各方面への所要時間を短縮する.上越新幹線では,E7系を追加投入し,“とき”(Maxとき),“たにがわ”(Maxたにがわ)のうち,新たに12本の列車をE7系で運転する.朝通勤時間帯に運転する“たにがわ”の時刻を,利用の多い東京着7時台に見直し,行先を上野から東京に変更する.なお,E7系は2021(令和3)年秋ごろまでに追加投入し,E4系「Max」の運転を終了する予定.

JR東日本E257系2000番台

写真:JR東日本E257系2000番台  編集部撮影  大宮総合車両センター東大宮センターにて 2020-7-31(取材協力:JR東日本)

 特急“踊り子”は,E257系リニューアル車両に統一し,一部列車の停車駅を変更する.また,E257系リニューアル車両による特急“湘南”を,平日の朝通勤時間帯に上り列車10本,夕夜間帯に下り列車11本を運転する.これにともない,185系などで運転していた“湘南ライナー”・“おはようライナー新宿”・“ホームライナー小田原”は,運転を取りやめる.
 上野東京ラインと東海道本線・宇都宮線・高崎線では,データイムを中心に運行体系の見直しが行なわれる.東海道本線では,平日の通勤快速の運転を取りやめ,快速“アクティー”として運転する.快速“アクティー”は日中の運転はなくなり,夜間帯の下りのみの運転となる.
 宇都宮線では,朝通勤時間帯の運転本数が見直しされるほか,快速“ラビット”,通勤快速,湘南新宿ライン直通の快速について,停車駅を統一し,蓮田には全列車が停車するようになる.また,新たに東大宮に快速列車が停車するようになる.通勤快速については快速“ラビット”に統一される.高崎線でも,通勤快速を快速“アーバン”に統一する.

E131系

写真:JR東日本E131系  百々貴俊撮影

 内房線・外房線・成田線・鹿島線の一部区間では,E131系が営業運転を開始し,ワンマン運転が実施される.また,水戸線内の全列車と水戸線から常磐線に直通する列車において,E531系によるワンマン運転が開始される.

JR東日本E259系

写真:JR東日本E259系 編集部撮影 鎌倉車両センターにて 2009-5-8(取材協力:JR東日本)

 中央本線では,特急“成田エクスプレス”の利用状況にあわせ,高尾—八王子間の運転を取りやめ,八王子—成田空港間での運転となる.
 このほか,山手線(内回り・外回り)では朝通勤時間帯の運転本数を見直す.常磐線各駅停車は,土休日において我孫子—取手間で終日の運転を取りやめる.
 東京100km圏の主要路線では,終電時刻の繰上げなどを行なうことで,保守作業時間を拡大し,作業従事者の働き方改革推進や鉄道設備の改良・保守のスピードアップによるサービス向上を図るとともに,新型コロナウイルス感染症の拡大を契機とした行動様式の変化に対応する.

JR東日本GV-E400系

写真:JR東日本GV-E400系  編集部撮影  秋田車両センターにて  2020-9-4(取材協力:JR東日本)

 東北本線(仙台エリア)は,運転間隔の均等化を図るほか,拠点となる駅で折返し運転を行なうことで利便性向上を図り,輸送障害の影響を受けにくい輸送体系とする.これにより,東北本線と常磐線の一部時間帯で運転本数を見直す.
 奥羽本線では,秋田—土崎間に,新駅「泉外旭川」が開業し,奥羽本線と男鹿線のすべての普通列車(快速列車含む)が停車する.男鹿線では,EV-E801系「ACCUM」を5編成を追加投入し,男鹿線のすべての列車をEV-E801系での運転とする.GV-E400系については,五能線の全列車と奥羽本線と津軽線の一部列車に投入される.
 このほかの地域でも,列車接続の改善や,需要に応じたダイヤの変更が実施される.

写真はいずれもイメージです.