×

京阪,1月31日にダイヤ改正を実施

京阪,1月31日にダイヤ改正を実施

京阪電気鉄道は,2021(令和3)年1月31日(日)に,京阪本線,鴨東線,中之島線,交野線,宇治線でダイヤ改正を実施すると発表した.

 今回の改正では,座席指定特別車両「プレミアムカー」を3000系全編成(6編成)の6号車に新たに連結する.これにより8000系(10編成)とあわせて,平日,土曜・休日の昼間時間帯は,原則すべての特急列車に「プレミアムカー」が連結される.また,朝・夕のラッシュ時間帯や夜間の時間帯の運転本数も拡大される.
 あわせて全車両座席指定“ライナー”列車は平日朝に三条発淀屋橋行き1本を増発する.これにより,既存の出町柳,樟葉,枚方市発の“ライナー”とあわせて4本が運転され,座席指定サービスが拡大される.また,夜間の“ライナー”については運転時刻を変更する.なお“ライナー”はすべて8000系で運転する.
 快速特急“洛楽”については,淀屋橋—出町柳間の所要時間を最大2分短縮する.特急についても平日の昼間時間帯を中心に,1分程度所要時間を短縮する.深夜時間帯においては,利用状況に応じて運転本数を見直し,中之島線の最終列車運転時刻については,中之島行きを8分,中之島発を6分それぞれ繰り上げる.
 なお,需要の平準化を見据えた列車運転本数の見直しや終電の繰上げなどについては,2020(令和2)年11月5日(木)発表の「京阪グループにおける今後の事業の方向性について」にもとづき,夜間保守作業の要員確保や利用客の志向の変化への対応に向け,今後検討するとしている.
 このほか,2021(令和3)年3月19日(金)からは定期券サービスをIC定期券に集約し,磁気定期券の発売を終了する.これは,定期券利用者のうちIC定期券の割合が高くなっていることや,新型コロナウイルス感染症拡大後は,キャッシュレスや非接触のサービスであるICカードのニーズが大きく高まっていることから実施する.

写真:京阪電気鉄道提供