×

JR東日本,E7系で自動運転試験を実施

JR東日本E7系

写真:JR東日本E7系  編集部撮影  新幹線総合車両センターにて  2013-11-28(取材協力:JR東日本)

JR東日本は,2021(令和3)年10月から11月ごろに,E7系で自動運転試験を実施すると発表した.

JR東日本,E7系で自動運転試験を実施

▲走行試験のイメージ

 これは,自動列車運転装置(ATO)開発の一環として,新幹線の自動運転の実現に必要な技術の蓄積と検証を行なうため,上越新幹線の回送列車(新潟駅—新潟新幹線車両センター間)において,自動運転の試験を行ない,その評価と課題を抽出する.
 試験では,ATO機能の検証として,「列車の準備が整ったことを条件に,遠隔で発車」,「ATOが自動的に列車の加速・減速」,「自動で決められた位置に停車」,「緊急時には遠隔で列車を止める」の4点を確認する.

JR東日本,E7系で自動運転試験を実施

▲ローカル5G試験のイメージ

 また,「ローカル5G」利用による高精細映像のリアルタイム伝送試験として,沿線に基地局を設置し,走行中の回送列車との間で伝送試験を実施する.これにより大容量・低遅延通信など,5Gの鉄道環境での性能について確認する.

特記以外の画像はJR東日本のニュースリリースから