×

樽見鉄道,12月13日にダイヤ改正を実施

access_time
2020年11月3日掲載

樽見鉄道は,2020(令和2)年12月13日(日)にダイヤ改正を実施すると発表した.

 今回の改正では,美江寺—北方真桑間で工事が進む県道岐阜関ヶ原線樽見鉄道高架橋が,ダイヤ改正前の12月6日(日)に完成し,現在の仮線から高架線に切り替わる.その後1週間,路盤が安定するまで高架線の徐行運転を行ない,改正後は通常の速度で運転する.これにより,美江寺—北方真桑間の所要時間は,高架工事前の時間に短縮される.
 大垣発8時~16時台の列車については発車時刻を統一し,利用しやすいダイヤに見直す.これにより,東海道本線からの乗換えを改善する.
 このほか,樽見21:26発の大垣行き最終列車を21分,大垣発22:55発の本巣行き最終列車を4分それぞれ繰り下げ,東海道本線名古屋発の“ホームライナー大垣”3号からの乗換えを改善する.さらに利用状況にあわせて,設定時刻などを変更し,一部の列車で大垣駅の到着・発車ホームを変更する.