×

八高線でGV-E400系による走行試験

access_time
2020年9月15日掲載
八高線でGV-E400系による走行試験

JR東日本では,GNSS(Global Navigation Satellite System/全地球航法衛星システム)と,携帯無線通信網を活用し,ローカル線への展開を目指した新しい列車制御システムの開発が進められています.
 これは,踏切制御機能と列車の速度制御機能に,最新のICT技術と汎用技術を活用して実現する世界初のシステムで,安全性の向上と設備の大幅なスリム化が可能となります.今回は,このシステムの踏切制御機能について,秋田車両センター所属のGV-E400-9を使用した走行試験が,2020(令和2)年9月初旬から八高線で行なわれています.

写真:折原—竹沢間にて 2020-9-14
投稿:小原 秀和